京都大学先生が教える!!プログラミングで月面探査ローバーロボットにチャレンジ!

有料イベント
■参加費用(1名あたり/税込): 3,300円
■開催場所: 有明ガーデン2階 「Ariake MIraieトヨタモビリティ東京」
■イベント詳細:

イベント概要
東大生・京大生が実際に使っているロボットと
同じロボットをプログラミング!

本格的なコンピューター内蔵の
ガジェットを使って、
自由な発想で本物の月面ローバーと
同じ機能を持つ、
ロボット作りに挑戦します。


野球は10歳の子が8年でプロになります。

それは初めから大人と同じ用具・ルールで
野球をしているからです。
科学も同じです。
なので、この講座では大人と同じもので
学びます。
東大生・京大生と同じプログラミングを
まずは体験してみませんか?


試行錯誤の大切さと論理的思考の面白さを
ぜひご体感ください。


所要時間:120分
対象:小学生・中学生

東大生・京大生と同じキットを使っての講座です!


~前回開催時の様子~

京都大学先生による講座です。
 [309KB]

プログラム作成中
 [436KB]

実際に動かしてみよう!
イメージ通りに動くかな?
 [294KB]

イメージ通りに動くように調整しよう!
 [281KB]

イベント主催
「子どもの理科離れをなくす会」
体験型・実験型コンテンツを用いて、
科学ニーズとしての科学教育の需要に応え、
科学を通した人間教育・人材育成事業を
行っている。
2024年に小・中学生による
教育用の小型人工衛星の打ち上げを
目指すプロジェクトを立案。
子どもたちと一緒に開発を進めている。

 [102KB]


HP
https://e-kagaku.com/?msclkid=d3c78293bed511ec9e1b5800eec74ae9

代表:北原 達正
京都大学理学部卒、
同大学院理学部博士課程で
宇宙物理学を専攻。
京都大学ほかで
天文学や情報分析で教鞭をとる。
平成13年7月に
子どもの理科離れをなくす会を発足。